高品質なイニュニックのオンデマンド印刷

最新情報

2014年10月20日未分類
和紙と洋紙の違い
2014年10月16日未分類
なんで出力の際は仕上がりサイズよりも大きめに作るの?
2014年10月15日未分類
印刷のCMYK
2014年10月11日未分類
印刷とは?
2014年10月9日新着情報
表面加工とは?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

和紙と洋紙の違い

和紙は 和という漢字が入っているので想像しやすいと思いますが、
日本の紙です。
原料として、コウゾ、ガンピ、ミツマタなどの植物繊維を使用しています。

和紙の独特の風合いや味はこららの天然植物が織り成したのですね。

現在でも和紙は生産されていて、

障子や包装紙などに使われております。

洋紙はパルプ繊維が溶けた紙料を機械でつくっていきます。
沢山作れるので和紙よりも安い場合があり、

 

洋紙は

印刷用紙やダンボール、包装紙など現在私たちの周りで沢山活躍しております。

紙は植物の繊維から作られますが、
その他にもプラスチックをベースとした合成紙などがあります。

タグ

2014年10月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

なんで出力の際は仕上がりサイズよりも大きめに作るの?

名刺やカタログ、イラストを描いて
印刷業者に出力する時なぜ出来上がりよりも大きく作るのでしょうか?

 

これは印刷時の伸縮やズレなど様々な理由があり、ズレた場合でも
塗り残しを起こさないためです。

元々空白のあるデザインなら良いのですが、
全体に色があるのに、ズレてしまう事で印刷できてない部分が一部出ていたら、かっこ悪いですよね。

一般的に塗り足し幅は3㎜。
これはあくまで一般的ですので、印刷屋さんによっては指定が異なる場合がありますので
確認してから作るようにした方が良いかもしれません。

 

 

 

タグ

2014年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

印刷のCMYK

普段見ている携帯の画面もTVも
光が複雑に混ざりあって色を出しています。

画面上で見る女優さんの美しい肌色も光が混ざり合って表現されているのですね。
この光の三原色をRGBと言います。

Rはレッドつまり赤色
Gはグリーン 緑ですね。
Bはブルー 青になります。

この3色をあわせると白い光になります。

これらが発光してまざりあって、私たちは画面をとおして様々な風景や写真、動画を見ることができますが、

発光していないもの。
つまり画面上で見ていない写真や雑誌はさきほど言ったRGBではなく
CMYKになります。

家庭用プリンターをお持ちの方は、詰め替えインクを買うときに
シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックと色を選ぶと思います。

この頭文字をとったのがCMYK。

印刷物はシアンとマゼンタ、イエロー、ブラックを複雑に組み合わせて
様々な色を印刷してくれます。

タグ

2014年10月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

印刷とは?

印刷は、紙などの媒体に絵は文字、写真などインクによって再現します。

インクとはなにか?

インクの種類は

液体
固体
ジェル

などに分かれていて、これらは顔料や染料が含まれております。

油性や水性のものなど、現代では種類が様々。

タグ

2014年10月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

表面加工とは?

印刷物や紙などの表面を加工することです。

加工の種類は様々で、フィルムを使ったり箔や特殊インキなどで加工を施します。

加工を加えるだけで豪華になったり、味が出たり
高級なイメージやアンティークなど質感を変える事で、世界観が出てきます。

また目で楽しむ要素だけではなく、耐久性や水に強くなったりする機能性も◎。

タグ

2014年10月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:新着情報

このページの先頭へ